保育士の1日の仕事ってどんな感じ?

一日の仕事の流れ

保育士の仕事の1日に流れについて説明しましょう。まずは出勤をして、園児を出迎えるための準備をします。そして、子供達がどんどん登園してきます。時間外保育で子供を預かることもあるため、早番で出勤するスタッフもいるのです。子供のことについて保護者ときちんと話をします。たとえば注意事項や伝達事項をきちんと聞き出します。園児がすべて揃ったら挨拶をして、1日の保育が始まります。昼については給食が用意されるのですが、そのための配膳や手洗い、うがいなどをきちんとチェックします。食事のあとの歯磨きについても確認する必要があるためとても忙しいのです。

保育園にはお昼寝の時間があるのですが、だからといって保育士が楽をできるというわけではありません。この時間を利用して、保育日誌や連絡ノートなどの仕事があります。園児が起きたら、布団を片付けたり、着替えを手伝ったりします。そしておやつの時間となります。4時ごろになると帰りの挨拶をして、次々と親が迎えに来ます。その際には保護者にその日にあったことをそれぞれ報告します。遅番で働いているスタッフもいます。この場合は夜の7時を過ぎても子供の面倒を見ることがあるため、とても忙しいです。


【 管理人推奨サイト 】
仕事内容をより詳しく知るには、保育士の就職支援を行っているサイトを利用するのも良いでしょう。保育業界に精通したコンサルタントのサポートを受けながら、就職活動を行えます ⇒ 保育士 就職支援